日本古来の挙式を神社で

式場

厳粛でも温かい

今、神社挙式が人気です。「神前式」とも呼ばれるもので、厳かな雰囲気の中古式ゆかしく神様の前で結婚を誓う儀式が執り行われる挙式スタイルです。人気の理由はまず日本古来の伝統的な挙式を体験できるところにあります。神社自体厳粛な風情がありますし、美しい雅楽の調べによって始まり、神社によっては巫女の舞が行われることもあります。このような格式高い挙式が参列者にも好評なのです。観光でも有名な神社であれば、観光客からも大きな祝福を浴び、感動的な挙式となるでしょう。また、神社挙式では花嫁は白無垢や打掛、花婿は羽織袴と基本的に和装となりますが、普段なかなかできないこの和装ウェディングも人気のポイントです。神社の荘厳な雰囲気と相まって、新郎新婦の凛とした和装のたたずまいが一層美しく映える式になります。一連の儀式には、新郎新婦が盃で御神酒を三口で飲み、夫婦の契りを交わす三々九度や、新郎新婦が神様の前で夫婦になることを誓う誓詞奏上といったハイライトがあります。本来教会挙式で行われる指輪の交換も、現在多くの神社挙式に組み込まれています。なお、神社挙式は両親、近い親族、親しい友人など少人数で行われることが多く、新郎新婦はこれらの参列者に見守られながらの挙式となります。厳かな中にも温かい式となるところも魅力なのです。神社挙式を行うなら、まず候補の神社を複数決め、必ず下見に行きましょう。新しい門出の大切なスタートの儀式を、日本の伝統的な格調高い神社挙式にしてはいかがですか。